menu

その他(解説,記事等)

Other Publications (Book)

  1. “臓器チップの技術と開発動向(Technology and Development Trends of Organ(s)-on-a-Chip)”, 監修: 酒井康行、金森敏幸(分担執筆第8章) シーエムシー出版、ISBN: 978-4-7813-1325-2、2018年4月25日

Other Publications (Article, Review)

  1. 横川 隆司, “マイクロ生体機能模倣システム(MPS)を用いた創薬研究の現状と展望”, 医学のあゆみ, 273, 13, 1243, 2020
  2. 横川 隆司, “腫瘍組織への血流を介した薬剤評価チップを開発”, 化学, 75, 1, 72, 2020
  3. 鳥澤 勇介, 横川 隆司, “微小流体デバイスを用いたiPS細胞研究の進展”, BIO Clinica, 34, 13, 30-35, 2019.
  4. 横川 隆司, “用語解説 MEMS“, 日本再生医療学会誌, 18, 2, 153-154, 2019.
  5. 磯崎 直人,横川 隆司,”分子を狙い通りに目的地へ送り込む!-分子機械と微小流体デバイスによるナノ輸送システム”.化学,73, 2, 12-16, 2018.
  6. 高里 実, 横川 隆司, ”腎臓オルガノイドとマイクロ流体デバイスへの応用”, 創薬のひろば, 2, 18-21, 2017.
  7. 鳥澤 勇介,梨本 裕司,横川 隆司“進歩総説 Organ-on-a-chip:動物実験に代わる薬物の新たな評価手法の開発”ぶんせき,8, 349, 2017
  8. 梨本 裕司,國田 樹,中益 朗子,鳥澤 勇介,中山 雅宗,今村(滝川) 寿子,小寺 秀俊,西山 功一,三浦 岳,横川 隆司,”血管新生現象を利用した組織-マイクロ流路間の接続と灌流培養への取り組み”,化学とマイクロ・ナノシステム,15, 1, 19-22, 2016.
  9. R. Yokokawa*, “Controlling the Moving Direction of Microtubules at Nanometer Scale Toward Realizing a Nanosystem” ,Polymers, 62, 135, 2013. (In Japanese)
  10. R. Yokokawa*, “Nanomanipulations by Integrating Motor Proteins and Micro/nano Fabrications”, Design Engineering, 48, pp. 2-10, 2013. (In Japanese)
    横川隆司*, “モータタンパク質と MEMS の融合によるナノスケールマニピュレーション” ,設計工学, 48, pp. 2-10, 2013. (In Japanese)
  11. 横川隆司, “京都大学「次世代低炭素ナノデバイス創成ハブ拠点」” ,機械学会誌, 115, 722, 2012. (In Japanese)